ide:realism  

2017.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2017.11.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
2013-08-31-21-21-29_photo.jpg

8月から9月に移り行くこの週末は非常に濃厚なものでした

8月31日(土)は「Someone Still Loves You Boris Yeltsin JAPAN TOUR 2013」

Someone Still Loves You Boris Yeltsinはアメリカのスプリングフィールドを拠点に活動しているバンド
今回は縁あってジャパンツアーに伊那GRAMHOUSEを入れて頂くことができました
海外バンドの出演は5年ぶりくらいかな
前回はフランスのバンドでした
久しぶりの海外バンド ものすごく楽しみにしておりました

トップバッターのThe Genes 2バンド目のSALED
地元バンドは2つとも良いライブをしてましたね
The Genesは渋谷系
伊那では珍しいね
勝手に渋谷系って呼んでるだけだけど(笑)
Vo.Gtヨシノリさんの曲は面白いんだよなー
SALEDはここ数ヶ月でぐいぐい成長してます
うるせえ音の女4人組バンドって長野県内では貴重な存在
高校生ガールズバンドの憧れの存在になってくれたら良いなと勝手に思ってんだけどね
年内もけっこうライブが決まってるから見れる方はぜひ!

トリはもちろんSomeone Still Loves You Boris Yeltsin
所謂インディーポップ
日本人バンドにはあまり見られないライブの自由さが楽しかったな~
すごくシンプルに音楽を楽しんでる感じ
ステージ上の自由度がフロアに連鎖してすごく良い空気だった
単純に気持ちよかった
そういうライブをやる日本人バンドももっと増えれば良いのにね
ライブパフォーマンスもMCも はたまたお客さんの盛り上がり方もどうしてもパッケージングされていく
ショーとしてのクオリティーを求めると取らざるを得ない手段だったりもするんだけど
すごく考えさせられるライブでした

打ち上げも楽しかった
Someone Still Loves You Boris Yeltsinの面々が箸の使い方がうまいのには驚いた(笑)
途中からはアコースティックギターも登場
Someone Still Loves You Boris Yeltsinが歌うNIRVANA「Smells Like Teen Spirit」
そしてThe Genesが歌うRadioheadD「Creep」
豪華なのかなんなのかわからない(笑)
打ち上げ後半はThe Genesタカミツがひたすら即興で歌っておりました
「童貞臭」・「さよなら」・「鳥」 いくつもの名曲が誕生しました
即興なのにけっこう良い歌詞
そこに見え隠れするタカミツの心の闇の深さ(笑)
彼にはソロライブをやってもらいます すべて即興で
お客さんからお題をもらってっていうスタイルで(笑)

8月最後の夜も楽しかったね

翌日の「Black Night Flush」はまた明日書きまっす

20130831_235559.jpg

2013-09-01-00-31-49_photo.jpg



スポンサーサイト

2013.09.02 Mon 14:39
Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top
イベント情報
MOTION 21 MOTION 21 MOTION 21 MOTION 21

2014.07.25.FRI
@ 伊那GRAMHOUSE
「トランジスタラジオ vol.2」

2014.07.26.SAT
@ 伊那GRAMHOUSE
「MOTION 29」

2014.07.27.SUN
@ 伊那GRAMHOUSE
「BORDERLESS FUSION vol.93」

2014.08.09.SAT
@ 伊那GRAMHOUSE
「GRAMLIVE!!」

     
プロフィール

RYOTARO OSAWA

Author:RYOTARO OSAWA
長野県伊那市にあるライブハウス「GRAMHOUSE」。
オオサワリョウタロウです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
twitter mixi
カウンター

Copyright © ide:realism All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。