fc2ブログ
  

ide:realism  

2024.03.  123456789101112131415161718192021222324252627282930  2024.05.
暖かいなー。
このまま小春日和が年末まで続かないかな。
非常に過しやすい。

29日(月)は千葉県に行ってきました。
稲毛K'S DREAMでTHE HORIESのワンマン!
「REBOOT Release Tour」も遂に稲毛でのワンマンと伊那でのワンマンを残す限り。
ツアーファイナルを2本のワンマンライブで締め括る一発目。稲毛K'S DREAM。
オープンとほぼ同時に到着し会場に入ると、フロアのセンターに組まれたセット。
そう、この日のライブはフロアライブ!円を描いているのはアンプ!
開演時間が迫るにつれて続々と入ってくるお客さん。なんてったってSOUL OUTだからね!!

いよいよ開演。

「MAGIC OF FEELINGS」、「Freedom Fighter」と”REBOOT”からの曲が続き一気に盛り上がった。
しかしこの日はワンマン。一気に畳み掛けるわけではなく緩急が付けられたライブ。
しっとりとした空気で迎えた中盤。鈴木のドラムソロ。そしてアコギが登場。
後半に向けてお客さんも準備万端。
恐らくフロアにいた誰もが予感していたと思う。後半はバッキバキに畳み掛けてくるぞと。笑
そして鳴り響いた「CONVICTION」のイントロ!
ここからの展開はかっこよすぎた!!
メンバーを取り囲むアンプの間にセットされていた照明を灯火!
よし来た!!とばかりに盛り上がる!!
ガツガツと畳み掛けられ踊らされ拳を突き上げさせられ一気に迎えた終焉。
ラストの曲は「I WANNA TAKE YOUR HAND」!!
この曲をラストに持ってきた理由をメンバーはもちろんお客さんも皆が感じながら、正確にいうと考えながら、体を揺らせていました。
ラストの曲が終わり、楽屋に引き上げていくメンバー。
もう一曲聴きたい曲があるとばかりにアンコール。
「濡れた月が沈んで消えた日」
感動的だった。あの空気。
あの場所にいた皆がロックバンドTHE HORIESの完全復活を長い間待ち侘びていたんだ。
誰よりもTHE HORIES自身がこの日を待ち侘びていたんだ。

俺とTHE HORIESの関係が始まったのはそんなに昔のことではない。
そんなに長い付き合いではないんだけど、その間だけでも度重なるメンバーチェンジなど色々な苦難があったんです。普通であれば存続を諦めるほどの苦難が。
それでも前に進み続けて、長いトンネルを抜けて遂に「始まり」に辿り着いた。

今週末4日(土)は伊那GRAMHOUSEでワンマン。
絶対に見に来て欲しい。来て下さい。


VO./Gtのタケシ先輩がMCで高らかに言った。

「俺達3人でTHE HORIESだ!!」

めちゃくちゃ嬉しかった。

2010-11-29 21.47.07
スポンサーサイト




2010.12.01 Wed 16:00
Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top
イベント情報
MOTION 21 MOTION 21 MOTION 21 MOTION 21

2014.07.25.FRI
@ 伊那GRAMHOUSE
「トランジスタラジオ vol.2」

2014.07.26.SAT
@ 伊那GRAMHOUSE
「MOTION 29」

2014.07.27.SUN
@ 伊那GRAMHOUSE
「BORDERLESS FUSION vol.93」

2014.08.09.SAT
@ 伊那GRAMHOUSE
「GRAMLIVE!!」

     
プロフィール

RYOTARO OSAWA

Author:RYOTARO OSAWA
長野県伊那市にあるライブハウス「GRAMHOUSE」。
オオサワリョウタロウです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
twitter mixi
カウンター

Copyright © ide:realism All Rights Reserved.

Designed by Flug